定休日

チャイナドレスの作り方

着物リメイクで作るチャイナドレス

 古い着物は、いろんな種類の洋服にリメイクすることができますが、ChinaRouge(チャイナルージュ)は、主にチャイナテイストの服にリメイクするお店なので、今回は着物リメイクで「マーメイドのチャイナドレス」の作り方を紹介させて頂きます。

着物リメイクの作り方

着物をほどく

 ほどく手順

  1. 襟の縫い目をほどいて襟を外します。
  2. 袖を外します。
  3. 襟下、裾をほどいて表身頃と裏身頃を離します。
  4. おくみを外します。
  5. 脇を外します。
  6. 背中中心を外します。
    ※ポイントは着物を縫い合わせる順の逆にほどいていくことです。

着物リメイクの作り方

 クリーニングに出す
・折りジワがなくなるので、できればほどいた後に出した方がいいです。
・クリーニング屋に「湯のし」でお願いすることをおススメします。
※湯のしとは、テンタという機械で蒸気を当てながら生地幅を揃えます。

裁断・柄合わせ

着物は生地幅が狭いため、着物リメイク 用の型紙で裁断します。

着物リメイクの作り方

着物リメイク・縫製の順番

着物リメイクの作り方

  1. 前左右脇身頃と前左右脇スカートをそれぞれ縫い合わせます。
  2. 前身頃と前左右脇身頃をそれぞれ縫い合わせます。
  3. 後左右身頃と後左右脇身頃をそれぞれ縫い合わせます。
  4. コンシールファスナーを付けます。
  5. 左右の脇を縫い合わせます。
  6. 袖ぐりのパイピングを付けます。
  7. チャイナ衿を作って襟ぐりに付けます。
  8. 裾を手まつりで始末します。
  9. チャイナボタンを縫い付けます。

 

 

 

 

パイピング(縁取り)の作り方

チャイナドレスはパイピング(縁取り)がデザインの特徴になります。
パイピングの作り方を紹介いたします。

着物リメイクの作り方

  1. 3cm幅のパイアステープを作ります。
  2. アイロンで図(2)のように折ります。
  3. バイアステープと身頃地を中表で合わせ0.5cmのミシンステッチをかけます→青い線。※この時は表と裏を間違わないように注意して下さい。
  4. パイピングテープで縁を包むようにひっくり返します。表からパイピングテープの縁に沿ってミシンステッチをかけます→赤い線。※この時はパイピングテープにかからないように注意して下さい。

※パイピングテープに使用する素材はなるべく薄い方が仕上がりがきれいです。厚みのある生地を使用する場合は(1)番のバイアス幅を少し増やすと良いでしょう。

 

 

※このページの文章とイラストはChinaRouge(チャイナルージュ)の提供となっており、無断での掲載・引用を禁止いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 裁縫の名人と呼ばれる熟練職人が作っております。
  2. 価格設定が、分かりやすいセット価格になっております。
  3. 着物リメイクはチャイナカラーのものをメインに販売。
  4. 日本向けに17年間オーダーメイド仕立ての経験があります。
  5. フレキシブルに日本製、中国製の材料を使い分け。
  6. 着物リフォームの 値段設定が安いこと。
  1. 1万着以上製作実績があるオーダーメイド専門店。
  2. それぞれの専門家が各作業を担当、安心して作業を任せられます。
  3. 店舗もなく在庫代も人件費がかかっていないので価格に還元。
  4. お店は最少人数で運営されています。
  5. 姉妹サイトのプロの技術を無料で利用できます。
  6. スナップやファスナーなどは壊れやすいので日本製を使用。