定休日

中国と着物の歴史

中国と着物の歴史

着物は和服や呉服とも言われています。
呉服の語源は、中国の三国時代のときに呉の織物や着物の縫製方法が日本に伝わったからと言われています。
元々は絹製品を呉服、綿製品は太物(ふともの)と称され、昔は扱うお店も別々でした。
和服そのものを指す語としては「和服」、「着物」に比べ使用頻度は低いですが、和服を扱う店は「呉服屋」と呼ばれることが多いです。
 テレビや映画などで中国の時代劇を見ると、特に『唐』や『漢』の時代の服は、形が『着物』とよく似ていることが分かります。

『漢服の特徴』
漢服の主な特徴は、襟があり、襟に続くおくみ(衽)、ボタンを使わず、帯で締めることにあります。
見るものに、ゆったりとして飄逸な感じを与えます。
これらの特徴は、他の民族の服装とは明らかに異なります。漢服には礼服と普段着の区別があります。
形の上から見ると、主に上衣下裳(上は襟のある上着、下は裳というスカート状の下衣、衣裳はここから出来た言葉)、深衣(着丈の長い、裾の広がったゆったりした衣服)、襦裙(短い上着とスカート)などの形がありました。

  1. 裁縫の名人と呼ばれる熟練職人が作っております。
  2. 価格設定が、分かりやすいセット価格になっております。
  3. 着物リメイクはチャイナカラーのものをメインに販売。
  4. 日本向けに17年間オーダーメイド仕立ての経験があります。
  5. フレキシブルに日本製、中国製の材料を使い分け。
  6. 着物リフォームの 値段設定が安いこと。
  1. 1万着以上製作実績があるオーダーメイド専門店。
  2. それぞれの専門家が各作業を担当、安心して作業を任せられます。
  3. 店舗もなく在庫代も人件費がかかっていないので価格に還元。
  4. お店は最少人数で運営されています。
  5. 姉妹サイトのプロの技術を無料で利用できます。
  6. スナップやファスナーなどは壊れやすいので日本製を使用。