定休日

ショッピングガイドライン

お買いものガイド

送料について

お届け方法について

お支払方法

消費税について

返品について

営業日について

有料オプション

 有料オプションは、仮縫い、柄合わせなどをご希望する方のみに発生する追加料金です。例えば、仮縫いなし、柄合わせなしの方は、セット料金以外の料金は発生しません。柄合わせも、基本的には複雑な指定がない限りは、追加料金をご請求することはありません。無料のセット料金に含まれているものは、シルクの裏地代、縫製代、ボタン代、当店からお客様への送料、消費税です。

仮縫いについて

 仮縫いとは着物の生地を裁断する前にシーチングの生地で縫製したドレスをお客様に届けサイズやデザインを確認してもらうことです。当店では仮縫いサービスは有料オプションになりますが、複雑なデザインやどうしても心配のある客様にはお勧めです。
 一般のチャイナドレスや、アオザイなどのデザインの場合には、必要性は低いです。

柄合わせについて

 着物の生地幅は約36cmです。和裁は直線でできている為、曲線の洋裁にするには型紙を工夫するのと柄合わせも大事な工程になります。
 無地や細かい柄(小紋)の着物なら柄合わせは不要ですが、これ以外の着物は大体柄合わせが必要です。ドレスのデザインやお客様の体型によって柄合わせに細心の注意を払い、着物に合わせて型紙を作成しているので、例え同じデザインであっても、柄合わせで1点1点異なった型紙になります。

クリーニングについて

 汚れが少ない着物の場合には、それほど必要性がありません。汚れのひどい古い着物をリメイクするる前に一度クリーニングに出すのことをお勧めします。当店ではクリーニングは現在行っておりませんので、お客様がご近所のクリーニング店でしていただき発送していただくことになります。
クリーニングに出す時の注意点
・折りジワがなくなるので、できればほどいた後に出した方がいいです。
・クリーニング屋に「湯のし」でお願いすることをおススメします。
※湯のしとは、テンタという機械で蒸気を当てながら生地幅を揃えます。

着物のほどきについて

 ほどきとは着物の縫い糸をほどいて一枚一枚の生地にすることです。当店ではほどき作業は無料です。お客様がご自分でほどいた場合でも、特に料金は変化しません。

 ほどく手順

  1. 襟の縫い目をほどいて襟を外します。
  2. 袖を外します。
  3. 襟下、裾をほどいて表身頃と裏身頃を離します。
  4. おくみを外します。
  5. 脇を外します。
  6. 背中中心を外します。
    ポイントは着物を縫い合わせる順の逆にほどいていくことです。

着物リメイク用語集

着物別おススメ

振袖

訪問着

黒留袖

小紋

  1. 裁縫の名人と呼ばれる熟練職人が作っております。
  2. 価格設定が、分かりやすいセット価格になっております。
  3. 着物リメイクはチャイナカラーのものをメインに販売。
  4. 日本向けに17年間オーダーメイド仕立ての経験があります。
  5. フレキシブルに日本製、中国製の材料を使い分け。
  6. 着物リフォームの 値段設定が安いこと。
  1. 1万着以上製作実績があるオーダーメイド専門店。
  2. それぞれの専門家が各作業を担当、安心して作業を任せられます。
  3. 店舗もなく在庫代も人件費がかかっていないので価格に還元。
  4. お店は最少人数で運営されています。
  5. 姉妹サイトのプロの技術を無料で利用できます。
  6. スナップやファスナーなどは壊れやすいので日本製を使用。